マンション売却時に査定で提示された金額が、実際に手に入る金額だと思っていませんか?

 

実は、マンション売却後の手取金額は、売却金額から「諸費用」を引いた額となります。
これを頭に入れておかないと、とらぬ狸の皮算用になってしまうことも…。
売却時に気をつけたい仲介料や諸費用について、簡単にご説明します。

 

◯マンション売却時の仲介料や諸費用

 

マンションを売却する際には、以下のような必要経費がかかります。

 

1)仲介料
不動産業者を通じて売却が成約した際に発生する手数料です。
売買契約時と物件を引き渡すときに半額ずつ支払うのが一般的です。

 

2)印紙代
不動産売買契約書に貼付ける印紙を購入する必要があります。
印紙代は売却金額に応じて異なります。

 

3)登記費用
不動産登記手続に必要な「登記原因証明情報」の作成を司法書士に委任するための費用です。

 

4)抵当権抹消費用
マンション購入時に設定された抵当権が抹消されていない場合、この手続のための費用が必要となります。

 

5)税金
マンションを売却して譲渡益が発生した場合、そこに税金(住民税・所得税)がかかります。
マンションの利用目的(居住用か否か)や所有期間により計算方法が変わるため、詳しくは税理士さんなどに相談する必要があります。

 

マンション売却後のフィナンシャルプランに影響の無いよう、これらの点はぜひしっかりと確認しておきたいですね。