マンションを売却するのには、ライフスタイルの変化、住み替えなど様々な理由があります。

 

どのような場合でも売り手さんに共通する思いは、「すこしでも高く売りたい」ということ。
しかし、損しないように満足いく価格で売るには、コツがあります。

 

マンションを損しないように売る方法

マンションの売却にあたっては、不動産業者に任せるのが一般的です。
不動産業者は当然プロですから、売り主さんはそこで提示された金額は妥当な価格だと考えてしまいがちです。

 

ここで注意したいのは、不動産屋さんは「不動産という商売」のプロであること。

 

商売である以上、少しでも安く仕入れ、そして少しでも高く売るというのを基本的理念にしている会社は少なくありません。
一社のみに査定を依頼し、そしてその会社が「少しでも安く仕入れる」タイプだった場合、売り主さんは大損をしてしまうことがあります。

 

もちろん、不動産業者のすべてがそのような会社と言う訳ではなく、マンションの設備や状態、逐年数などを細かくチェックし、適正な売却価格を提示してくれる場合もあります。

 

このようなわけで、自分の物件がどれぐらいの資産価値があるのか適正に知るためには、複数の業者に相見積もりを取ることをおすすめします。
インターネットの不動産一括見積もりなども併用するとなお良いでしょう。

 

相見積もりを取った結果、査定額に100万〜300万円もの差が出るのも珍しくありません。
大切な物件を少しでも高く売るために、ぜひこの点に留意してみて下さい。

更新履歴